Melbourne Life Live

世界一住みやすい都市メルボルンでの生活の中から、世界に飛び出したい!思い切った挑戦をしたい!そんな前を向く人の少しプラスになればいいな。


うさぎ 回想

うさぎがサラリーマンをしていたあの頃。


このブログのコンセプトは「世界へ一歩踏み出したい人を応援する」ということ。

うさぎがこれまで感じてきたことを共有することも少しお役に立つのではという思いで、これから少しずつ書いていきます!(シリーズ化ではありませんが、『回想』カテゴリに追加します)

大学を卒業して3年ほど営業会社で働いていました。

実はうさぎは就職する前から3年ぐらい働いて、海外での生活を体験したいと思っていました。しかし全く留学に関する知識なんてなく、その頃は「ワーキングホリデー」という言葉すら知らない、本当にぼんやりとしたものでした。海外に行きたいと思ったのは、英語を使って生活してみたかったから(学生時代一番嫌いだったのも英語です。)

サラリーマンをしながら、先のことが不安でした。そんな不安をぼーっと考えていたら、学生時代に読んだ本に「若いうちに海外生活の経験が出来るならしておいた方が良い」と書いたあったのを思いだし、やっぱりいこう!と。そんな程度にしか考えてませんでした。

 

実は当時お付き合いをしていた彼女のおかげ??

会社で働きだして2年目、転勤先での忘年会がきっかけで、のちにオーストラリアに一緒に来ることになる人と出会います。その彼女もよくよく話をしてみるとワーキングホリデーに行きたいといいます。(この時初めてワーキングホリデーの話を聞きます)自分も海外に行きたいという事を話してみて、これは行くしかない、となりました。この時点で、どこに行きたいか何て決まってませんでした。

でもとにかく彼女と会って、海外に行こうという事が現実的なものになって来ました。

 

それから

海外に行こうという事が現実的になりだして、貯金を始めたり、ネットを使って情報収集をはじめました。

まだまだこの時は、「先の事」という意識が強く、具体的な留学の計画より当時の仕事や週末どこに遊びに行こうかという事の方が頭に浮かんでました。

それとプラスして、先が心配なうさぎは留学の目的や帰国後の事をもっと考えるようになりました。

「なんの為の留学なのか」「留学をして何を得たいのか」「それをもとに何をしようか」

そんな新しい不安や悩みが湧き出てきました。

この時から「留学って本当にするべきなんだろうか」と考えるようになりました。

 

辞める時

辞める時は、有難いことに、めちゃくちゃ止めて頂きました。そのこともあり、心底悩みました。

一緒に行く彼女もいるという事もあり引くに引けない状況で、本当に悩みました。

生まれて初めて知恵熱が出ました。

本当にいろいろなことを考えましたが、当時の彼女の意思が固かったこともあり、思い切って辞めることが出来ました。

 

振り返って

ここまで読んで下さった方ならわかるともいますが、うさぎはとにかく流されやすいです。笑

人から「なんで留学するの?」と聞かれたらその理由を探し、「何がしたいの?」と聞かれたら納得のいくような答えを探し。

それでも導かれるように、今ここにいるのはきっと「海外で過ごしたい」という思いを忘れなかったからだと思います。

思い返してみれば、仕事を辞める際、引き留めて頂けたことも自分が頑張れた証拠だとおもえます。

辞めたら先行き不安だと思っていたことも、実は大したことがありませんでした。

「やりたい事って不安や恐怖と共に来て私たちを試すもの」そんなことを身をもって体験できた様に思います。

今回の記事、かなり断片的ですみません。

続けて読んでいって頂くと何となく、うさぎの言いたい事がわかってくると思いますのでお楽しみに!!

 

学生のころ読んだ、という本。

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)


いつもMelbourne Life Liveをご覧頂いてありがとうございます。これから留学しようという人、もう留学した人、今まさに暮らしているという人、そんな日本を飛び出してみたいという人に向けて記事を書いております。何か少しでもお役に立つことがあれば幸いです!

 

 

 

-うさぎ, 回想