Melbourne Life Live

世界一住みやすい都市メルボルンでの生活の中から、世界に飛び出したい!思い切った挑戦をしたい!そんな前を向く人の少しプラスになればいいな。


うさぎ ワーホリ 回想

留学で探す自分。

2017/04/06


今日は、辛口にいってみたい!

海外留学を決意する人の中には自分探しという目的を組み込んでいる人も多くいる。

しかし、残念ながら、例えばオーストラリア留学をしたからと言って自分のやりたいことがわかるという事はない。

ただし自分の中に眠っているワクワクの種を見つける良いリハビリの様な役割を果たしてくれる事は確か。自分が何となく海外で生活してみたいなと思うならそれがやりたい事。留学して英語を話せるようになりたいのなら、当たり前だけど英語を話したいという事。しかし私たちはいつも何か合理的っぽい、論理的っぽい理由をつけて正当化したり、しなかったりしているだけ。つまり、やりたい事なんてもう自分の中に眠っている、という事。

 

抽象的なのでもっとかみ砕いてみる。

例えば今ここに留学を希望する男がいる。理由は英語をマスターしたいから。英語をマスターしたい理由はグローバルに活躍したいから。その理由はたくさんお金を稼げるから。お金が稼げたら、高級外車に乗れるから、、、という感じで続く。この理由の一番の根底が例えば優雅に暮らしたい、だとして、多くの場合どの程度が収入があれば優雅な暮らしになるのか、という事までは考えていない。

 

つまり、彼にどんな家に住みたいの?場所は何処?何が満たされればOK?と聞いてみたところで具体的な回答は返ってこない。

 

実は問題はこの一連の流れ。突き詰めるとじゃあ自分やりたい事って何とまた初めの質問に戻ってしまうという事。

初めに英語話したいなと思ったのなら、それはもうやりたい事。外国人の友達が欲しいな。仕事で英語使ってたらカッコいいな。そんな感情があるなら、もうそれは十分やりたい事。

もちろんオーストラリアで生活してみたい!というのもやりたい事。

 

それでも「何のため?」と理由を粗探ししていく。なぜなら怖いから。

ちゃんとした理由を付けて正当化しないと周りの反対や自分自身の不安に勝てないから。

 

留学、ワーキングホリデーに行きたい!そう思ったらそれてOKではないのか。

行くと決めたのなら、それに付随する面倒なこと不安を引き受ける覚悟を持つ。

その過程に成長は眠っているもの。

 

だから留学は自分探しなんかじゃない。行きたいと思う自分が自分。やりたいことは目の前に見えている。

 

-うさぎ, ワーホリ, 回想