Melbourne Life Live

世界一住みやすい都市メルボルンでの生活の中から、世界に飛び出したい!思い切った挑戦をしたい!そんな前を向く人の少しプラスになればいいな。


うさぎ 国際問題

私たちを熱く鼓舞してくれるヒラリーの言葉

2016/11/25


トランプ氏の勝利から一週間が経ち、今後の動きにさらにも増して注目があつまっていますね。

アメリカ国内の大きな変革を期待した支持者たち、予期せぬ変換を感じさせられた世界各国。

誰しも皆、自分たちの権利のため、幸せのため戦っているんですね。日本では3月に決まった安全保障関連法に基づき自衛隊が南スーダンの平和維持活動(PKO)において「駆けつけ警備」を新任務として行うことが決定されました。「駆けつけ警備」は離れた国連職員のを暴徒から守る、武器を使った護衛任務。もちろん戦闘行為に巻き込まれる危険性があるものです。

政治、経済、自分の仕事、家族、未来。民主主義はそういった大きなものを私たち自身が変えていくもの。

アメリカ大統領戦に敗北したヒラリー・クリントン氏のConcession Speechがものすごく、特に若い世代に突き刺さるものなので一部を抜粋して紹介します。

全体で約14分ほどのスピーチの中で彼女が語りかけたことは、全世界中にいる人々に熱い何かを思い出させてくれます。

<前略>

I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers — you will have successes and setbacks too.

This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it.

It is, it is worth it. [Cheers and applause]

And so we need — we need you to keep up these fights now and for the rest of your lives. And to all the women, and especially the young women, who put their faith in this campaign and in me: I want you to know that nothing has made me prouder than to be your champion.

Now, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday someone will — and hopefully sooner than we might think right now. [Cheers and applause]

<後略>

出典:http://www.vox.com/2016/11/9/13570328/hillary-clinton-concession-speech-full-transcript-2016-presidential-election

はじめに深い感謝とドナルドトランプ氏への賞賛と期待から始まる演説の終盤、彼女が若い世代へ語りかけています。

 

”Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers — you will have successes and setbacks too.”

−これからキャリアを積んで行く皆さんにも成功と失敗が(痛みを伴うような敗北や辛いものも)あるでしょう。

”This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it.”

−敗北は痛みを伴うもの。それでも戦うことをやめないで下さい。それほど”権利”(私たちが自由、平等で幸せである権利)とは戦う価値のあるものです。

”It is, it is worth it.”

−価値があるものなのです。

 

ドナルド・トランプ氏の差別的発言はアメリカ保守派白人層を取り込むためだったとも言われていますが、どちらにせよ選挙の結果はそういったことを経済的な好転のため、国民が飲み込むというものでした。ヒラリー・クリント氏の演説には自由や平等、人間らしさという事に対する彼女の思いがにじみ出でいるのではないでしょうか。

日本人の多くは差別を知らないかもしれません。しかし多くの場合先進国でアジア系は差別される側。悲しいことですが、それすら理解していない人も大勢います。

本当の意味での自由や平等の為、私たちはこれからも戦っていかなくてはならない。そしてその権利を得るためには社会的責任が伴うという事を改めて思い出しました。

 

こちらのサイトで彼女のスピーチ全文が見れます!

http://www.vox.com/2016/11/9/13570328/hillary-clinton-concession-speech-full-transcript-2016-presidential-election

こちらのブログには日本語訳とまとめが乗ってます!
http://mikachanko.hatenablog.com/entry/2016/11/10/043149

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

picture form*米ニューヨークで敗北宣言を行うヒラリー・クリントン氏(左、2016年11月9日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Justin Sullivan

 



-うさぎ, 国際問題