Melbourne Life Live

世界一住みやすい都市メルボルンでの生活の中から、世界に飛び出したい!思い切った挑戦をしたい!そんな前を向く人の少しプラスになればいいな。


うさぎ 留学生必見! 知っ得

知っ得!隣のニュジーランド


オーストラリアとニュジーランドはもはや兄弟みたいな感じですよね。

うさぎはオーストラリアにいるのに一回も行ったことないのですが、本当に一回は行ってみたい国。

ちなみにオーストラリア国籍を持っているとニュージーランドでも暮らすことができるみたいですね。

メルボルンから直行便だと3時間40分ほどでオークランドまで行くことができます。ってことは1泊2日ぐらいで行けそうですね。
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

ニュジーランドといえば大自然。

映画『オード・オブ・ザ・リング」の撮影舞台は今でも観光スポットとして人気のようですね。

うさぎ個人としてはChurch of Good Shepherdと呼ばれるところがものすごく気になっています。

#laketekapo #churchofgoodshepherd

A photo posted by Leilei (@ddhens) on

 

あとはフィヨルドランド国立公園。ナショナルジオグラフィックなんかでも度々取り上げられているところで、とにかく美しいの一言。クルージングやドライブツアーもあるようです。個人的にはこんなところでキャンプしてみたい。全くのアウトドア初心者ですが。。。

How's your weekend? I hope it's as magical as this view! @jasoncharleshill . Tag your magical shot! #earthtelligence

A photo posted by Earthtelligence ™ (@earthtelligence) on

南半球のシリコンバレー?!

うさぎもこの記事のため色々調べわかったのですが、ニュジーランドは新規事業をするのにとても優れた環境として整備されているのです。

世界銀行が10月に発表したビジネスがしやすい国としてトップ常連のシンガポールを抜いてトップになる程。

ご存知の通り、ニュジーランドでは酪農業や観光業が国の経済を牽引しているのですが、輸出額でみると3位を締めるのはIT事業。

そう実はIT分野で世界的に活躍する企業が多い、ということなのです。例えば「プッシュペイ」という電子決済システムはニュージーランド発。その中でも協会への献金を簡単にするシステム「eチャーチ」はヒット商品だそう。

 

 

 

英語訛りがきついとか、田舎すぎるということで留学先と敬遠されることが多いニュジーランドですが、今後はITを学ぶためとか、独立起業のため留学先として選ぶ人も増えそうですね。

 

-うさぎ, 留学生必見!, 知っ得